• セーフティ金庫を利用
  • 入金機を利用
  • 入出金機を利用
  • 施錠バッグ方式
  • 精算機・販売機等の回収
  • 商業施設の売上金回収
  • 海外店舗の売上金回収
入金機の特徴

ホーム > 店舗の売上金回収 > 入出金機

入出金機

「出金」「両替」機能が付いた入出金機の御利用で、業務の効率化が図れます。
警備会社の回収を付けないで、入出金機だけの御利用も可能です。

入出金機の特徴

入出金機で様々な処理を迅速・正確に行う事ができます。
  • 入金機としても使えます
  • 入金時にジャストの金額が無い場合も、釣銭を出すことが可能です。
  • 任意の金種・枚数への両替や、逆両替ができます。
  • 任意出金金額・日時に加え、費目別の管理も可能です。
  • 小口現金の入出金、残高管理ができます。
  • 入金した売上の中から、翌日必要な釣銭を簡単に用意できます。
  • 貴社業務シテムと接続する事で、伝票消込等の処理ができます。
※接続には貴社側開発が必要です
様々なタイプの入出金機を御利用いただけます。また回収サービス無しで、 機器だけの御購入も可能です。
入出金機の特徴
リサイクル庫容量
(出金可能枚数)
万円/五千円/千円:各約2,850枚
500円:1,000枚
100円/10円/1円:各2,500枚
50円/5円:各1,500枚
回収庫容量 紙幣2,850枚、硬貨1,000枚
サイズ 幅88cm、奥68cm、高117cm
入出金機の特徴
リサイクル庫容量
(出金可能枚数)
万円/千円:各約400枚
五千円:約200枚
500円:120枚
100円/10円/1円:各170枚
50円/5円:各120枚
回収庫容量 紙幣1,000枚、硬貨1,000枚
サイズ 幅53cm、奥70cm、高90cm
(専用ラック収容時)
入出金機の特徴
リサイクル庫容量
(出金可能枚数)
万円/五千円:各約100枚
千円:約300枚
500円:100枚
100円/10円/1円:各170枚
50円/5円:各120枚
回収庫容量 紙幣300枚、硬貨500枚
サイズ 幅53cm、奥70cm、高90cm
(専用ラック収容時)
他にも機種はございます →詳しくはコチラ

入出金機の活用例

入出金機の活用例
導入前   入出金機ご導入後
  • 顧客訪問時の釣銭準備が面倒
  • 入金時にジャストの金額を持ち合わせていないこともあるが、帰社が遅く経理担当者がいない。
  • ジャストの金額が無いことで社員が売上金を一旦持ち帰るケースが発生。
→
  • 外出時に必要な釣銭準備が簡単
  • 入出金機から釣銭を出せるので、担当者のストレスが無くなった。
  • 確実に当日入金できるので営業社員の売上金持帰りが無くなり、着服等の事故が無くなった。
入出金機の活用例
導入前   入出金機ご導入後
  • デパートで使われているような大型両替機を使っていたが費用が高い。
  • 売上金納金用として入金機も使っており、2台分のスペースが必要。
→
  • レジ10台程度の両替なので、入出金機の両替機能で十分。
  • 売上金の納金もできるので、入金機が不要になった。
入出金機の活用例
入出金機の活用例
導入前   入出金機ご導入後
  • 納入業者への支払い時には、社長にその都度金庫を開けてもらっていた。
→
  • 入出金機から出金できるので、仕入れ担当者だけ処理可能。
入出金機の活用例
導入前   入出金機ご導入後
  • 社員の仮払い件数多いが、日中外出の為に精算が遅れる。
  • 社員によっては立替が多額になり、不満が発生。
→
  • 社員がレシートを経理の箱に入れておけば、経理承認分を好きな時間に精算できるようになった。
  • 金庫内小口現金も入出金機で毎日管理する事で、不明金が発生しなくなった。
※貴社システムとの接続には貴社側での開発が必要です
入出金機の活用例
導入前   入出金機ご導入後
  • 券売機内有高の中から翌日分の釣銭を準備する作業に長時間要する。
→
  • 入出金機でリサイクル処理を簡単、高速に行えるようになった。
入出金機の活用例
入出金機の活用例
導入前   入出金機ご導入後
  • 多頻度配送の為、売掛伝票と集金伝票との突合が大変。
→
  • 入出金機への投入時に該当する伝票を指定することで「売掛金消込」を同時に処理できるようになった。
  • パート社員が不要になった。
入出金機の活用例
  1. 売上金回収サービス
  2. 入金機・金庫等機器のご購入
  • 当社サービスが選ばれる理由
  • 売上金回収サービスの導入実績例
  • Q&A
  • メディア掲載
  • 会社概要
外貨両替サポート単品販売承ります夜間金庫値上げ・廃止の傾向と対策金庫販売
  • 採用情報

上に戻る